Für Anfänger (14)

カフカ 『変身』(14)、承前。

■■■■■■■■■■■■■■

 グレゴールはけれどはるかに冷静になった。たしかに自分の言葉はもはや理解されなかったけれど、それにもかかわらず自分には十分明快で、それは耳が慣れたせいかもしれない。しかしそれでも、いまやもう、自分は全然正常な状態ではないとみんな信じて疑わず、自分を助けようとしていた。確かな確信を持って最初の指示がなされたことが、彼を元気づけた。彼はふたたび人間の領域に含まれたように感じ、医者と鍵屋の二人から、実際には彼ら二人をちゃんと区別していなかったが、すばらしくておどろくべき成果を期待した。自身に近づきつつある決定的な話し合いのため、可能なかぎり明快な声を得られるように、少し咳をしたが、ただ咳をするときには音をかなり弱めた。それというのも、もしかするといまになってはこの雑音も人間の咳とは違って響くかもしれないからで、その判断を自分自身にゆだねることがもうできなかったからだった。隣の部屋は、そうこうしているあいだに、まったく静かになった。ひょっとすると両親は支配人と机の席についてひそひそと話しをしているかもしれないし、皆がドアに身を寄せて聞き耳を立てているのかもしれない。

■■■■■■■■■■■■■■